1. HOME
  2. 血管年齢とは 血管年齢の真偽 お願い

血管年齢とは

動脈壁の弾力性からみる血管老化度の目安です。
生活習慣の見直しや、運動効果の確認、健康意識の向上に役立つ健康指標です。
保健指導など専門家のアドバイスの客観的データとしてご使用ください。

血管の老化度をみる血管年齢。

人は血管とともに老いる───。これは医学教育の基礎を作ったとされるアメリカの内科医、ウィリアム・オスラー博士の有名な言葉です。古くから医療の現場では、血管を若々しく保つことが健康の秘訣という認識がありました。血管年齢はそんな医療の現場で、医師によって提唱された言葉です。

加速度脈波で手軽に測れる血管年齢。

血管年齢とは、血管の老化度を動脈壁の弾力性が年齢相応かどうかによって判断するものです。医学博士・高田晴子氏は、加速度脈波(※)によって血管老化度を評価する方法を開発し、特許を取得。非侵襲なうえに指先でわずか18秒で測定できる手軽さから、予防医学の分野で注目を集めています。

血管年齢は、定期的なチェックが必要です。

血管年齢の測定に利用する加速度脈波の波形は、季節や不十分な睡眠、疲労などによる自律神経の乱れに影響を受けます。また、食事や有酸素運動などの効果によっても変化します。血管年齢は、生活習慣を変えることで改善できるという認識を持っていただき、一回の検査結果に一喜一憂せず、繰り返しチェックし、健康管理にお役立てください。

※加速度脈波…動脈の内圧変化によって生じる末梢神経の経時的な血管伝導波である「脈波」を2度微分して得られる微分波形。

加速度脈波による血管年齢の評価

株式会社ユメディカは、特許取得の技術をベースに医学博士・高田晴子氏と
共同開発で、加速度脈波測定システム データ処理ソフトウェアを製品化。広範な年齢層にわたるデータベースに基づく独自の評価案により「血管年齢」を偏差値でチェックします。

加速度脈波の見方

一般に若い人の標準的な波形は深いb波と浅いd波を持ちます。動脈が老化するにつれ、b波は浅くなり、d波は深くなっていきます。

※「加速度脈波と血管老化度測定」医学博士・高田晴子

血管年齢を偏差値でチェック!

血管年齢(血管老化度)を偏差値でチェック。高田晴子先生の独自の評価案で結果が分かりやすい。

※偏差値 = deviation value から「dv」を単位としている。

血管年齢偏差値一覧 血管老化偏差値計算式
資料ダウンロード

指先で測定する
「血管年齢」の真偽について

2019年6月

「血管年齢って、こんなにちゃんとしているの?! 科学的根拠があるとは知らなかった」
「医療機器でなくても波形が出るから、全部、本物だと思っていた」
「血管年齢は入力した年齢で出るだけだから、客寄せパンダに使えばいいよね」
「一流企業が使っているから、この血管年齢は本物だと信じていた」
「加速度脈波の波形だと思って使っていた。」
他より安価だった、コンパクトだった、もう買ってしまったから根拠がわからなくても使う・・・等々
たくさんのお声を聴いて驚きました。

「血管年齢」は、いい加減なものではございません。
医師が発案した医学的根拠のある指標です。

指先で測定する脈波(指尖脈波)は、1960年代より専門家の間で研究が始まり、二次微分した加速度脈波で加齢による動脈の弾性変化をパターン評価できるようになりました。1990年代には、専用機(医療機器)が商品化されました。
そして2002年、アルテットが誕生しました。これは、アルテットで測定した健康な人のデータを性差と年齢毎に整理し、高田晴子先生の波形指数を用いて血管老化偏差値を算定し、実年齢と相対的に「血管年齢」を算出するものです。

「血管年齢」は、医学的根拠を持つ指標です。

現在、指先で測定する血管年齢は、
まず、正確に脈波を測定できる医療機器を用いて加速度脈波※1を取得することが重要であり、「血管年齢」は、医学的根拠を持つ方法※2で算出されることが大事です。

※1 「血管機能の非侵襲的評価法に関するガイドライン」に、加速度脈波は明記されています。
※2 医学的根拠を持つ方法は2通りあります。(1)A~Gの波形パターンを判断基準としている (2)アルテットの高田晴子先生の血管老化スコア(波形指数)によるもの

どうぞ、ご理解いただけますよう よろしくお願い申し上げます。

血管年齢に関する
ユメディカ からのお願い

2019年6月

「脈波測定は、臨床検査技師が行う医療行為にあたるから、アルテットを健康相談で使ってはいけないのですか?」 「アルテットは、医療従事者でないと使えないのですか?」
上記のような問合せを度々いただきますが、誤解されたままのお客様もおられるのではと思い、ご報告申し上げます。

アルテットは、どなたでも測定できます。

医療行為とは、医療目的のため医師のご指示により、脈波を測定する場合を言い、単に健康相談は該当しません。また、アルテットは一般医療機器なので、診断機器ではございません。
アルテットを医療機器として届出ているのは、薬機法の遵守と、正確な脈波測定を保証するためです。

ユメディカでは、脈波のご研究や健康相談を目的として目的別のソフトウェアをご用意しております。単に血管年齢だけで一喜一憂されることなく、睡眠や運動、食事などの関連から日常生活の行動変容に有用な参考指標です。
デモンストレーションを含めて、詳細のご説明に「あなたの血管守り隊」が伺いますので、どうぞお気軽にお声がけお願い申し上げます。そして、よりよくお使いいただくための製品改善も視野に入れておりますので、ご意見などお聞かせいただけますと幸いです。

最後に、お手数でございますが、他社製品で、添付します資料(1)(「加速度脈波の正しい測定のしかた」という表題、測定方法、血管老化偏差値の評価案、波形図、等の記載)と文言、描写、図表等が極めて類似しているものがございましたら、著作権侵害等の法的問題を有しますので、できましたらご一報いただけますようお願い申し上げます。
資料(1)にお示しする内容は、高田晴子先生のご研究成果であり、弊社と独占契約し、共同開発したアルテットの技術及び営業資料です。他社製品が類似した結果を出しておりましても、アルテットと同等の信頼性を持つものではなく、一切関係がございません。
皆様の健康をお守りすべく、ご理解とともに、お力添えいただけますよう重ねてお願い申し上げます。

※「メタボリ先生」は私共のOEM契約商品ですので問題ございません。

資料ダウンロード